戸張孤雁 Kogan TOBARI
1882年東京生まれ。1901年20歳で渡米、苦学しつつアート・スチューデンツ・リーグ他で絵画を学ぶ。荻原守衛(碌山)と知り合うが、1906年病のため帰国。挿絵で活躍するが、10年碌山の死を看取り、太平洋画会研究所彫塑部に入る。碌山の後継を志し彫刻家となる。17年日本美術院彫刻部同人となる。19年山本鼎らと創作版画協会を創立。[千住大橋の雨][タンスの前][玉乗り]などの傑作を遺すが、27年永逝(享年46)。

30年ほど前に開いた小さな孤雁展で展示した彫刻[煌めく嫉妬]は忘れがたい名作でした。創作版画のパイオニアでもありましたが、病弱で若死にした孤雁の残した木版画は十数点に過ぎません。いずれも版画史を飾る傑作です。その全版木がある時期私の手許にありました(現在は愛知県美術館所蔵)。これほどの作家の存在が未だに忘れられているのは残念です。いつかきちんとした作品集を出したいですね。


『創作版画と版画の作り方』
1922年版画社 出版21.5×13.5cm
挿入作品:木版「玉乗り」1点
他に版ごとに分解したものが5点


First Back Next Last




ときの忘れもの (有)ワタヌキ
〒107-0062 東京都港区南青山3-3-3 青山Cube 1階
Tel +81-3-3470-2631 Fax +81-3-3401-1604
E-mail: info@tokinowasuremono.com
http://www.tokinowasuremono.com
Copyright © 2016. All rights reserved.