篠田守男 Morio SHINODA
篠田守男(しのだ もりお、1931年~)は東京生まれ、青山学院英文科中退。67年まで国立産業工芸試験所に籍を置く。彫刻の空間構成を試行し、モダンアート展に出品。その間63~64年シカゴ美術学校に学ぶ。日本国際美術展、宇部市現代彫刻展などに出品。66年ベネチア・ビエンナーレ展に出品、第9回高村光太郎賞を受賞。以後、第一回現代日本彫刻展神奈川県立美術館賞、第二回彫刻の森美術館賞、第4回朝倉文夫賞など次々に受賞。

2000年には国際彫刻センター(ISC)優秀彫刻教育者賞をアジア人として初受賞。カリフォルニア大学ロスアンゼルス校客員教授、筑波大学教授、金沢美術工芸大学教授等を歴任。海外での評価も高く、メトロポリタン美術館、ルイジアナ美術館など多くの美術館にコレクションされています。


《TC 5905 空中庭園》
1990年
ミクスドメディア
62.0×25.0×8.0cm
刻印あり


First Back Next Last




ときの忘れもの (有)ワタヌキ
〒107-0062 東京都港区南青山3-3-3 青山Cube 1階
Tel +81-3-3470-2631 Fax +81-3-3401-1604
E-mail: info@tokinowasuremono.com
http://www.tokinowasuremono.com
Copyright © 2016. All rights reserved.