ヤコブ・アガム Yaacov AGAM
1928年イスラエル生まれ。本名Yaacov Gipstein。エルサレムのベツァレル美術デザイン学院で絵画を学び、その後、チューリッヒ大学などでも学んだ後、1951年パリに移住。1953年にGalerie Gravenで開催した最初の個展は、キネティック・アートに専念した作家としての美術史初めての個展として大成功を収めた。アガムの作品は、作品自体の運きや、観客による運動、光や音響を使った抽象的なキネティック・アートで、それらは、宗教家であった父親が探求していたものの視覚化を目指したものであると言われている。

ニューヨーク近代美術館の『Double Metamorphosis 11』やハーシュホーン美術館の『Transparent Rhythms 11』、パリのラ・デファンス地区の噴水などが良く知られている。また、見る角度によって違ったイメージを見せるレンチキュラーレンズを使った「アガモグラフ(Agamograph)」という技法を考案した。


”Message Of Peace(Olympic Suite)”
1978年
シルクスクリーン
89.5x75.0cm
サインあり


First Back Next Last




ときの忘れもの (有)ワタヌキ
〒107-0062 東京都港区南青山3-3-3 青山Cube 1階
Tel +81-3-3470-2631 Fax +81-3-3401-1604
E-mail: info@tokinowasuremono.com
http://www.tokinowasuremono.com
Copyright © 2016. All rights reserved.