脇田和 Kazu WAKITA
1908年東京の青山生まれ。1923年青山学院中等部を中退し、姉夫婦に付き添ってドイツへ留学する。1925年ベルリン国立美術学校に入学。銅版、リトグラフ、木口木版など版画技術を習得。 1930年金メダルを授与されて卒業。父の死にともない帰国、その後の数年間は、おもに父の事業の整理に費やされるが、1932年太平洋画研究会で入選するほか、1935年には帝展に反旗を翻した画家たちの第二部会展で特選と昭和洋画奨励賞を得て、画家として立つ決心がつくのでした。

1936年猪熊弦一郎、小磯良平、中西利雄、内田巌らと共に新制作派協会(現、新制作協会)の結成に参加。戦時色が濃くなるにつれて、母と子供をテーマとするようになる。戦後の1953年に肋膜炎で療養中にもらった鳥がきっかけとなって鳥をモチーフに描き始める。1955年第3回日本国際美術展で最優秀賞を受賞。1956年グッゲンハイム国際美術展国内賞を受賞。1991年軽井沢に脇田和美術館が開館。1998年文化功労者。2005年97歳で歿。


「向かい合う鳥」
1974 リトグラフ
Ed.50
49×36cm
サインあり

「街に住む人」
1974 リトグラフ
Ed.50
50×35.2cm
サインあり


First Back Next Last




ときの忘れもの (有)ワタヌキ
〒107-0062 東京都港区南青山3-3-3 青山Cube 1階
Tel +81-3-3470-2631 Fax +81-3-3401-1604
E-mail: info@tokinowasuremono.com
http://www.tokinowasuremono.com
Copyright © 2016. All rights reserved.