井桁裕子 Hiroko IGETA
1967年東京に生まれる。1986年頃より球体関節の人形を制作。1990年武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒業。デザイン会社に勤務後、個人でイラストレーターとして仕事をしつつ作家活動を行なう。 大学在学中から本城弘太郎氏に師事、人形制作を学ぶ。その後、桐塑などの技術をエコール・ド・シモンにて四谷シモン氏に学ぶ。1996年頃から、実在するモデルの姿をもとにした肖像人形の制作をライフワークとしている。対象となる人物と交わされた会話、互いの現実との間に生まれるイメージなどを織り込んだ造形を、その都度模索しながら制作する。

2004年「球体関節人形展・dolls of INNOCENSE》(東京都現代美術館)に出品。2006年舞踏+人形《Double-ドゥーブル》公演(ストライプハウスギャラリー/東京)、映画《アリア》(2006年)《ハーメルン》(2012年、ともに坪川拓史監督)のための人形を制作。他にも《あの窓のむこうから~人形作家の絵と人形展》(2011/ぼらん・どぉる)、《世界創作人形展》(2010/丸善・丸の内オアゾ)、《人・形展》(2006~2011/丸善・丸の内本店)、《World Dolls》(2008/モスクワ、マネージ広場中央展示ホール)等、ときの忘れもの以外でも多数の人形展に出展している。


《片脚で立つ森田かずよの肖像》
2015年
桐塑、油彩
H100cm台座付き140cm
頭部後ろ側にサイン

《半身像1》
2014年

10.5x19xh14cm
裏側にサイン

《半身像2》
2014年

21x11xh11cm
裏側にサイン

《半身像3》
2014年

9.5x11xh22cm
脚の内側にサイン

《森田かずよ全身像》
2014年
桐塑、油彩
40x30xh48cm台座付きh77cm
足の裏にサイン

《無題A》
2014年

34x25xh19cm
上半身のパーツにサイン

《妄想に躍る》
2015年

26x15xh18cm
裏側にサイン

《反魂香》
2015年

20x10xh16cm
裏側にサイン

《共鳴》
2015年

20x13xh10cm
裏側にサイン

《埋火》
2015年

19.5x12.5xh10.5cm
裏側にサイン


First Back Next Last




ときの忘れもの (有)ワタヌキ
〒107-0062 東京都港区南青山3-3-3 青山Cube 1階
Tel +81-3-3470-2631 Fax +81-3-3401-1604
E-mail: info@tokinowasuremono.com
http://www.tokinowasuremono.com
Copyright © 2016. All rights reserved.