エドワード・スタイケン Edward STEICHEN
1879年ルクセンブルグに生まれる。1881年アメリカに移住。1900年ニューヨークでアルフレッド・スティーグリッツに会い、活動を支援する。1902年季刊誌『カメラ・ワーク』を創刊に参加。1905年スティーグリッツと共にニューヨーク五番街291に「リトル・ギャラリー・オブ・フォトセクション」設立し、ピクトリアリズムからストレート写真へのムーブメントを起こす。1906年フランスへ。ロダン、マティス、ブランクーシらヨーロッパの芸術家たちとも交流をもち、彼らのポートレイトを撮影。1923年スタジオをニューヨークのボークス・アーツ・ビルディングに置く。

同年ヴォーグ誌などを発行しているコンデ・ナスト社のチーフフォトグラファーになり、 アート性を持った斬新なファッション写真のスタイルを確立する。1929年『スタイケン・ザ・フォトグラフィー』を出版。1947年ニューヨーク近代美術館(MoMA)写真部門のディレクターに就任。1955年「ザ・ファミリー・オブ・マン」開催。1961年回顧展「スタイケン・ザ・フォトグラファー」開催。1962年ニューヨーク近代美術館名誉ディレクターとなる。1964年MoMAにエドワード・スタイケン・フォトグラフィー・センター開設。1973年死去。


”Frost on Rambler Roses, Voulangis, France”
1920年(1986年プリント)
ゼラチンシルバープリント
26.4x33.3cm
Ed.100
裏にプリンターと遺族のサインあり

”Brancusi, Voulangis, France”
1922年頃(1987年プリント)
ゼラチンシルバープリント
33.2x27.0cm
Ed.100
裏にプリンターと遺族のサインあり

”Apple Blossoms, Conneticut”
1932年(1987年プリント)
ゼラチンシルバープリント
33.4×26.4cm
Ed.100
裏にプリンターと遺族のサインあり

”Gorham Sterling, New York”
1930年(1987年プリント)
ゼラチンシルバープリント
33.7×26.5cm
Ed.100
裏にプリンターと遺族のサインあり

”Florida Jungle”
1936年(1986年プリント)
ゼラチンシルバープリント
26.4×33.8cm
Ed.100
裏にプリンターと遺族のサインあり

”Dana Miller in the Pond, Umpawag, Connecticut”
1954年(1986年プリント)
ゼラチンシルバープリント
24.1×19.1cm
Ed.100
裏にプリンターと遺族のサインあり

”Ann Harding, Beverly Hills, California”
1931年(1986年プリント)
ゼラチンシルバープリント
33.7×26.6cm
Ed.100
裏にプリンターと遺族のサインあり

”Conrad Veidt and Lupe Velez, Hollywood”
1928年(1986年プリント)
ゼラチンシルバープリント
33.5×27.0cm
Ed.100
裏にプリンターと遺族のサインあり

”E. Gordon Craig, Paris”
1920年(1987年プリント)
ゼラチンシルバープリント
33.6×26.4cm
Ed.100
裏にプリンターと遺族のサインあり

”Carl Sandburg, Umpawaug, Connecticut”
1930年(1987年プリント)
ゼラチンシルバープリント
32.6×26.4cm
Ed.100
裏にプリンターと遺族のサインあり


First Back Next Last




ときの忘れもの (有)ワタヌキ
〒107-0062 東京都港区南青山3-3-3 青山Cube 1階
Tel +81-3-3470-2631 Fax +81-3-3401-1604
E-mail: info@tokinowasuremono.com
http://www.tokinowasuremono.com
Copyright © 2016. All rights reserved.