ハリー・キャラハン Harry CALLAHAN
1912年米国ミシガン州デトロイトに生まれる。ミシガン州立大学で工学を学んだ後、クライスラー自動車部品会社に勤める。写真は独学。1941年アンセル・アダムスの作品に感銘を受け、本格的に写真に取り組む。1946年からシカゴのインスティテュート・オブ・デザインで教鞭をとり、モホリ=ナジの影響を受ける。

白と黒に還元されるミニマリズムの写真から、妻のエレノアをモデルに多重露光やフォトモンタージュなどを施した実験写真、同じく工レノアを題材にした大型カメラの細密描写、建築写真やスナップなど、クールでありながら叙情的な作風で知られる。「自分の感情を表現するためには、まず自分と人生の関係を考えたい」と語る彼の作品は神秘的な要素もある。1999年、歿。


”Chicago,1950”
シカゴ、1950
1950年(Printed later)
ゼラチンシルバープリント
21.2×31.5cm
サインあり


First Back Next Last




ときの忘れもの (有)ワタヌキ
〒107-0062 東京都港区南青山3-3-3 青山Cube 1階
Tel +81-3-3470-2631 Fax +81-3-3401-1604
E-mail: info@tokinowasuremono.com
http://www.tokinowasuremono.com
Copyright © 2016. All rights reserved.