北川民次 Tamiji KITAGAWA
1894年静岡県生まれ。早 稲田大学を中退して1914(大正3)年渡米。ニューヨークのアート・スチューデ ンツ・リーグでジョン・スローンに師事、学友に国吉康雄がいた。1923(大正 12)年メキシコに渡り、シケイロス、リベラ等と交友、メキシコ・ルネサンス を標榜する壁画運動に賛同、またメキシコ郊外のトラルパムで児童美術教育に携わる。1931(昭和6)年タスコに野外美術学校を移して校長となる。1936(昭和 11)年帰国。翌年の第29回二科展に《タスコの祭》ほかを出品し注目を浴びる。

メキシコの風土や人々を描く独特の画風は多くのファンを集め、二科展、日本国際美術展で活躍した。1979(昭和53)年二科会会長となるも同会を退会、以後、悠々自適の生活を送り、明治、大正、昭和、平成の四代を見事に生き抜き、1989年瀬戸で歿した。まさに大人の風格をもった作家でした。生涯に400点近い版画を制作しています。


《ナイフを持つ男》
1961年
水彩
イメージサイズ:12.5×19.0cm
シートサイズ :33.2×26.8cm
サインあり

《花》
1962年
水彩
39.7×50.4cm
サインあり

《手鏡を持つ母子像》
1947年
油彩
92.0x73.0cm
サインあり

《女》
素描
52.5×39.0cm
サインあり

《花》
素描
47.5×31.5cm
サインあり

《山を背景に座る母と娘》
(原画)
1941年頃
素描
31.0×24.5cm
サインあり

《見物人》
(表紙図案或ハ口絵)
1941年頃
素描
24.5×17.0cm
サインあり

瀧口修造の詩による版画集『スフィンクス』より《地球創造説》
1954年
銅版
イメージサイズ:8.8×6.8cm
シートサイズ :29.5×48.0cm
Ed. 50
鉛筆サインあり

《メキシコの浴み》
1941年頃
木口木版
37.5×45.0cm
Ed. 100
サインあり
※レゾネNo. 32

《浴み》
1957
木口木版
27.4×39.5cm
Ed. 80
サインあり
※レゾネNo. 72


First Back Next Last




ときの忘れもの (有)ワタヌキ
〒107-0062 東京都港区南青山3-3-3 青山Cube 1階
Tel +81-3-3470-2631 Fax +81-3-3401-1604
E-mail: info@tokinowasuremono.com
http://www.tokinowasuremono.com
Copyright © 2016. All rights reserved.