古沢岩美 Iwami FURUSAWA
1912(明治45)年佐賀県三養基郡に生まれる。1927年久留米商業学校を中退後、朝鮮・大邱の叔父の店で働きながら絵を制作するが、翌年上京して岡田三郎助の門下となり、本郷絵画研究所に学ぶ。1936年野呂凡助のペンネームで漫画を描く。1939年福沢一郎、麻生三郎らと美術文化協会を結成。1943年応召、中国で従軍のち捕虜となり、1946年帰国。翌年その体験を基に戦争画《黄昏》や1956年大作《斃卒》などを描き,超現実主義絵画の旗手として活動を続ける。

1949年第1回日本アンデパンダン展に出品、以降、1963年の第15回展まで出品。1954年美術文化協会を退会。卓抜なデッサンにより古事記に取材した神話シリーズや裸婦を描く一方、小説挿画を手がける。版画も銅版、リトグラフ、木版など300点以上を制作した。1975年山梨県八代郡に古沢岩美美術館が開館。2000年歿。享年88。


「誘惑1 すずかけ」
1979年
エッチング
イメージサイズ:14.8×17.8cm
Ed. 75
サインあり


First Back Next Last




ときの忘れもの (有)ワタヌキ
〒107-0062 東京都港区南青山3-3-3 青山Cube 1階
Tel +81-3-3470-2631 Fax +81-3-3401-1604
E-mail: info@tokinowasuremono.com
http://www.tokinowasuremono.com
Copyright © 2016. All rights reserved.