ジャスパー・ジョーンズ Jasper JOHNS
1930年、ジョージア州オーガスタに生まれた。少年期をサウスカロライナで過ごした後、1949年、ニューヨークに出る。徴兵されて陸軍に入り、1952年に除隊。1954年頃から、国旗、数字、標的などを題材にした絵画を発表し始める。ほぼ同世代の美術家ラウシェンバーグとは、たまたま同じビルに入居していたこともある友人同士である。

ラウシェンバーグの作品がしばしば2次元の枠をはみ出ているのに対し、ジョーンズは標的や地図のようなもともと2次元的な事物を平面に描くことにこだわった。3次元の事物を2次元の平面に再現する「イリュージョン」としての絵画はここでは否定され、絵画自体が「もの」であることが強調され、平面的な「オブジェ」と化しているのである。また、ビールの缶をブロンズで本物そっくりに鋳造し彩色した「彫刻」も手掛けている。


「屏風」オフセット
各シートのサイズ:40.5x32.0cm
屏風のサイズ:縦175.5x248.0cm


First Back Next Last




ときの忘れもの (有)ワタヌキ
〒107-0062 東京都港区南青山3-3-3 青山Cube 1階
Tel +81-3-3470-2631 Fax +81-3-3401-1604
E-mail: info@tokinowasuremono.com
http://www.tokinowasuremono.com
Copyright © 2016. All rights reserved.