土門拳 Ken DOMON
写真家。1909年山形県酒田市に生まれる。リアリズム写真を確立した写真界の巨匠。報道写真の鬼と呼ばれた時代もあり、その名は世界的に知られている。  ライフワークであった「古寺巡礼」は土門の最高傑作とされ、「室生寺」「ヒロシマ」「築豊のこどもたち」「古窯遍歴」「日本名匠伝」ほか数多くの作品をのこし、いずれも不朽の名作群として名高い。

土門拳の芸術は、日本の美、日本人の心を写し切ったところにあるといわれ、その業績に対する評価はきわめて高く、1943年に第1回アルス写真文化賞を受けたのをはじめ、多数の受賞に輝き、1974年に紫綬褒章、1980年に勲四等旭日小綬章を受けた。1974年酒田市名誉市民となる。1990年、歿。


「私のおさな友達 久保田万太郎」
ゼラチン・シルバー・プリント
25.0x16.5cm
裏面スタンプ 鉛筆によるタイトル書入「文藝2月号」


First Back Next Last




ときの忘れもの (有)ワタヌキ
〒107-0062 東京都港区南青山3-3-3 青山Cube 1階
Tel +81-3-3470-2631 Fax +81-3-3401-1604
E-mail: info@tokinowasuremono.com
http://www.tokinowasuremono.com
Copyright © 2016. All rights reserved.