横尾忠則 Tadanori Yokoo
横尾忠則(よこお ただのり)は、1936年兵庫県生まれ。池田満寿夫と並ぶ戦後60年代が生んだ文字通りスーパースターです。幼少のころから絵や文字に興味を持ち、小学校時代には既に《漫画少年》に投稿していた。高校のときに漫画家から挿絵画家へ志望を変え、通信教育を受ける。また、同じころ油絵の制作を始め、絵画展へ応募し、入賞を重ねた。太平洋画会会友に推挙されたが、高校生であるということで断る。高齢の両親のことを思い、美大へ進学せず就職するが半年で解雇される。1956年カットの投稿や公募展への出品などを重ねるうち、神戸新聞宣伝技術研究所の助手として入社、翌年には神戸新聞社事業部関係のポスターを一手に引き受けるようになった。

1959年ナショナル宣伝研究所へ移るが、翌年には念願の日本デザインセンターへ入社、その才能を存分に発揮し、存在が広く知られるようになる。1965年の初個展の会場で三島由紀夫と出会う。1967年寺山修司主宰の天井桟敷に参加、美術を担当する。このころから海外での個展など、その活躍の場が世界的なものになった。グラフィックアーティストとして第一線で活躍を続けていた1980年、ニューヨークで見たピカソ展に衝撃を受け、画家への転向を表明、油彩の制作を本格的に開始する。その後もさまざまなジャンルのアーティストとのコラボレーションを行うなど、いまなおその活動は注目を集める現在稀有な作家である。


〈今日の問題点〉展ポスター
1968年
オフセット
52.0×36.0cm
Ed.70
版上サインあり

作品集〈今日の問題点〉より
《写性》
1969年
シルクスクリーン
イメージサイズ:19.0×13.6cm
シートサイズ :19.8×19.8cm
Ed.70
鉛筆サインあり

《タヒチの印象 I-A(耳付)》
1973年
スクリーンプリント・和紙(耳付)
イメージサイズ:85.0×60.5cm
シートサイズ:112.0×72.5cm
Ed.100の内、T.P.(数部)
サインあり
※レゾネNo.36(講談社)

《タヒチの印象 I-C(耳付)》
1973年
スクリーンプリント・和紙(耳付)
イメージサイズ:85.0×60.5cm
シートサイズ:112.0×72.5cm
Ed.100の内、T.P.(数部)
サインあり
※レゾネNo.38(講談社)

《タヒチの印象 II-A(耳付)》
1973年
スクリーンプリント・和紙(耳付)
イメージサイズ:85.0×60.5cm
シートサイズ:112.0×72.5cm
Ed.100の内、T.P.(数部)
サインあり
※レゾネNo.39(講談社)

《タヒチの印象 II-B(耳付)》
1973年
スクリーンプリント・和紙(耳付)
イメージサイズ:85.0×60.5cm
シートサイズ:112.0×72.5cm
Ed.100の内、T.P.(数部)
サインあり
※レゾネNo.40(講談社)

《タヒチの印象 II-C(耳付)》
1973年
スクリーンプリント・和紙(耳付)
イメージサイズ:17.0×12.0cm
Ed.100の内、T.P.(数部)
サインあり
※レゾネNo.41(講談社)

《タヒチの印象 I-A》
1973年
スクリーンプリント
・和紙(裁ち落し)
イメージサイズ:83.9×59.1cm
Ed.100の内、T.P.(数部)
サインあり
※レゾネNo.36(講談社)

《タヒチの印象 I-B》
1973年
スクリーンプリント
・和紙(裁ち落し)
イメージサイズ:83.9×59.1cm
Ed.100の内、T.P.(数部)
サインあり
※レゾネNo.37(講談社)

《タヒチの印象 I-C》
1973年
スクリーンプリント
・和紙(裁ち落し)
イメージサイズ:83.9×59.1cm
Ed.100の内、T.P.(数部)
サインあり
※レゾネNo.38(講談社)


First Back Next Last




ときの忘れもの (有)ワタヌキ
〒107-0062 東京都港区南青山3-3-3 青山Cube 1階
Tel +81-3-3470-2631 Fax +81-3-3401-1604
E-mail: info@tokinowasuremono.com
http://www.tokinowasuremono.com
Copyright © 2016. All rights reserved.