アレン・ダットン Allen A. DUTTON
1922年アリゾナ州フェニックス生まれ。第二次世界大戦に3年間従軍したあと、アリゾナ州立大学を卒業して高校の美術教師となる。画家と彫刻家として修練をしていく中で、彼は、自分の表現の手段として写真が適していることに気付き、写真家に転向。1960年、写真の教授としてフェニックス大学に迎えられ、22年間勤める。また、写真家として、エドワード・ウェストン、アンセル・アダムス、リー・フリードランダーらの仕事を研究した。

1960年代前半、ダットンは、写真家であり教育者のマイナー・ホワイトから、シンボリズムの使い方の理論、および自然と精神性との関係を学び、自分の撮影するべき場所をアリゾナの風景であると決める。数年間、砂漠のサボテンのある風景の中でヌードによるシュルレアリスティックなコラージュ作品を制作し、ヨーロッパや日本での展覧会で高い評価を受けるが、その後はアリゾナの風景をドキュメント的に捉えた写真を撮るようになる。2000年には、ワシントンのコーコラン美術ギャラリーで回顧展が開催された。


”Untitled”
1974 Gelatin Silver Print
12.8x24.1cm signed


First Back Next Last




ときの忘れもの (有)ワタヌキ
〒107-0062 東京都港区南青山3-3-3 青山Cube 1階
Tel +81-3-3470-2631 Fax +81-3-3401-1604
E-mail: info@tokinowasuremono.com
http://www.tokinowasuremono.com
Copyright © 2016. All rights reserved.