福田勝治 Katsuji FUKUDA
1899年山口県生まれ。1921年東京で高千穂製作所に勤務しながらヴェス単で写真を撮り始める。関東大震災後、大阪に移る。1926年「第1回日本写真美術展」でイルフォード・ダイヤモンド賞を受賞。翌年、堺市で写真館を開業するもうまく行かず、生活が困窮する中でもバウハウスの影響を受けた構成的な静物写真の作品制作を続ける。1936年『アサヒカメラ』に連載された「カメラ診断」が好評となり、それをまとめた『女の写し方』をはじめとして多くの指南書を出版、広告写真でも活躍する。戦後、女性美を追求したヌード作品を発表し、日本写真界をリードする存在となる。そのなかの「光りの貝殻(1949)」は福田の代表作となる。

リアリズム写真運動が写真界を席巻する中でも、自分のスタイルを崩すことなく、孤高をつらぬく。1955年キャノン・コンテストで推薦を受けてイタリア旅行に招待される。翌年、「イタリア写真展」を開催し大好評を得た。この後、「京都」「銀座」「隅田川」などのシリーズを発表。1950年代末より実験的なカラー写真の制作を始め、1970年には日本橋高島屋で「花の裸婦・福田勝治写真展」が開催された。1991年逝去。享年92。横浜美術館、川崎市市民ミュージアム、東京都写真美術館、山口県立美術館に作品が所蔵。


「光りの貝殻(ヌード)」
1949年
ゼラチンシルバープリント
33.3×40.2cm
サインあり

「Still Life 静物」
1952年
ゼラチンシルバープリント
40.5×32.0cm
裏面に遺族のサインあり

〈イタリア紀行〉より
「オスティア」
1955年
ゼラチンシルバープリント
24.5×19.0cm
裏面に遺族のサインあり

〈イタリア紀行〉より
「オスティア」
1955年
ゼラチンシルバープリント
19.0×24.4cm
裏面に遺族のサインあり

〈イタリア紀行〉より
「ローマ空港の近く」
1955年
ゼラチンシルバープリント
14.0×21.0cm
裏面に遺族のサインあり

〈イタリア紀行〉より
「ポンペイ」
1955年
ゼラチンシルバープリント
14.7×21.5cm
裏面に遺族のサインあり

〈イタリア紀行〉より
「ポンペイ」
1955年
ゼラチンシルバープリント
14.7×21.3cm
裏面に遺族のサインあり

〈イタリア紀行〉より
「オスティア」
1955年
ゼラチンシルバープリント
14.7×21.3cm
裏面に遺族のサインあり

〈イタリア紀行〉より
「オスティア」
1955年
ゼラチンシルバープリント
14.7×21.4cm
裏面に遺族のサインあり

〈イタリア紀行〉より
「オスティア」
1955年
ゼラチンシルバープリント
14.2×21.4cm
裏面に遺族のサインあり


First Back Next Last




ときの忘れもの (有)ワタヌキ
〒107-0062 東京都港区南青山3-3-3 青山Cube 1階
Tel +81-3-3470-2631 Fax +81-3-3401-1604
E-mail: info@tokinowasuremono.com
http://www.tokinowasuremono.com
Copyright © 2016. All rights reserved.