第324回企画◆平嶋彰彦写真展 — 東京ラビリンス(予約制/WEB展)

会期=2020年11月6日[金]—11月28日[土]
※アポイント制にてご来廊いただける日時は、火曜〜土曜の平日11:00〜19:00となります。
※観覧をご希望の方は事前にメールまたは電話にてご予約ください。

Web展は下記の再生マークをクリックしてください。再生が始まります。

無観客ギャラリートーク 平嶋彰彦さん・大竹昭子さん

映像制作:WebマガジンColla:J 塩野哲也



※画像をクリックすると拡大して表示されます。


ときの忘れものから、写真家・平嶋彰彦さんのポートフォリオ『東京ラビリンス』を刊行いたします。

ポートフォリオ『東京ラビリンス』は、『昭和二十年東京地図』(写真・平嶋彰彦、文・西井一夫、1986、筑摩書房)の写真の中から、監修の大竹昭子さんが写真を選出し、ニュープリントしたモノクローム写真15点が収録されています。

『昭和二十年東京地図』は、平嶋さんが当時手にした復刻版『コンサイス東京都35区区分地図帖』(東京空襲を記録する会、日地出版、1985)を西井一夫さんに見せたところ興味を示し、『毎日グラフ』での連載企画がスタートしました。平嶋さんと西井さんは、1985年9月〜11月にかけて(1986年1月〜2月に撮り直しあり)、東京の街を取材して歩き、それが書籍化されました。

今回、平嶋彰彦ポートフォリオ刊行に伴い、写真展を開催します。

 

作家在廊日時:(変更になる場合もございます。)
11/06(金)12:00〜17:00
11/07(土)12:00〜17:00
11/13(金)12:00〜17:00
11/14(土)12:00〜17:00
11/20(金)12:00〜17:00
11/21(土)12:00〜17:00
11/27(金)12:00〜17:00
11/28(土)12:00〜17:00


ときの忘れもの・平嶋彰彦のエッセイ
『生をうつす旅という回路』
連載・「東京ラビリンス」のあとさき

— — — — —

日頃ぼくが好んで口走るフレーズに“過去はいつも新しく、未来はつねに懐かしい”というのがあるが、平嶋さんの15点の写真はまさにこのフレーズにぴたっとくるのである。つまり、古今東西、世界中の写真家たちが写し撮った夥しい写真も、世界史の、人類史の貴重な記録ではあるが、一人の人間が押したシャッターの内実には、更に抜きさしならない何かに支えられているからである。
森山大道(平嶋彰彦ポートフォリオ『東京ラビリンス』パンフレットより抜粋)



平嶋彰彦ポートフォリオ『東京ラビリンス』概要
Hirashima Akihiko Portfolio “TOKYO LABYRINTH”

オリジナルプリント15点組
各作品に限定番号と作者自筆サイン入り
作者: 平嶋彰彦
監修: 大竹昭子
撮影: 1985年9月〜1986年2月
制作: 2020年
プリント: 銀遊堂・比田井一良
技法: ゼラチンシルバープリント
用紙: バライタ紙
シートサイズ: 25.4x30.2cm
限定: 10部
発行日: 2020年10月30日
発行: ときの忘れもの




平嶋彰彦 HIRASHIMA Akihiko (b.1946)
1946年、千葉県館山市に生まれる。1965年、早稲田大学政治経済学部入学、写真部に所属。1969年、毎日新聞社入社、西部本社写真課に配属となる。1974年、東京本社出版写真部に転属し、主に『毎日グラフ』『サンデー毎日』『エコノミスト』など週刊誌の写真取材を担当。1986年、『昭和二十年東京地図』(文・西井一夫、写真・平嶋彰彦、筑摩書房)、翌1987年、『続・昭和二十年東京地図』刊行。1988年、右2書の掲載写真により世田谷美術館にて「平嶋彰彦写真展たたずむ町」。(作品は同美術館の所蔵となり、その後「ウナセラ・ディ・トーキョー」展(2005)および「東京スケイプinto the City」展(2018)に作者の一人として出品される)。1996年、出版制作部に転属。1999年、ビジュアル編集室に転属。2003年、『町の履歴書 神田を歩く』(文・森まゆみ、写真・平嶋彰彦、毎日新聞社)刊行。
編集を担当した著書に『宮本常一 写真・日記集成』(宮本常一、上下巻別巻1、2005)。 同書の制作行為に対して「第17回写真の会賞」(2005)。そのほかに、『パレスサイドビル物語』(毎日ビルディング編、2006)、『グレートジャーニー全記録』(上下巻、関野吉晴、2006)、『1960年代の東京 路面電車が走る水の都の記憶』(池田信、2008)、『宮本常一が撮った昭和の情景』(宮本常一、上下巻、2009)がある。2009年、毎日新聞社を退社。それ以降に編集した著書として『宮本常一日記 青春篇』(田村善次郎編、2012)、『桑原甲子雄写真集 私的昭和史』(上下巻、2013)。2011年、早稲田大学写真部時代の知人たちと「街歩きの会」をつくり、月一回のペースで都内各地をめぐり写真を撮り続ける。2020年6月現在で100回を数える。


展示風景 ※画像をクリックすると拡大します。



見積り請求(在庫確認)フォーム
作家名:
作品名、製作年、技法等:

お名前:
郵便番号:
ご住所:
E-mail:
電話番号:
御質問、御興味のある作家、お探しになっている作品等ございましたら御記入下さい


在庫確認後、お返事させていただきます。