中村哲医師とぺシャワール会を支援するチャリティ・オークション

 

ここから熊本へ
~地震被災者支援展

 

ジョック・スタージス
東日本大震災
復興支援作品

 

瑛九について

掲示板《現代版画Q&A」において、瑛九についてときの忘れもの店主がコメントしたものを再録・編集しました。

 


菅井汲
《菅井汲展》

70-80年代を彩ったポスター繚乱

2018年6月12日[火]―6月30日[土] 
11:00-19:00 ※日・月・祝日休廊



出品リストはホームページに掲載しました。全作品の画像とデータは6月11日ブログでもご覧になれます。

関根伸夫展

会場:銀座・ギャラリーせいほう
2018年6月18日[月]―6月29日[金]
11:00-18:30(最終日17:00まで) ※日曜休廊


初日18日(月)17時より、関根伸夫先生を囲みオープニングを開催します。

◆「柳正彦のクリスト新作報告会」
クリストの新作、ロンドンのハイドパーク内の湖に浮かべるマスタバ(ドラム缶の構築物)に参加してきましたので報告会を開催します。

日時:2018年7月12日(木)18時
会場:ときの忘れもの
参加費:1,000円 ※当日受付にてお支払いをお願いいたします
要予約:必ず「件名」「お名前」「住所」を明記の上、メールにてご連絡ください。
定員(15名)に達し次第締め切ります。

E-mail. info@tokinowasuremono.com

■柳正彦(やなぎ まさひこ)
東京都出身。大学卒業後、1981年よりニューヨーク在住。ニュー・スクール・フォー・ソシアル・リサーチ大学院修士課程終了。在学中より、美術・デザイン関係誌への執筆、展覧会企画、コーディネートを行う。1980年代中頃から、クリストとジャンヌ=クロードのスタッフとして「アンブレラ」「包まれたライヒスターク」「ゲート」「オーバー・ザ・リバー」「マスタバ」の準備、実現に深くかかわっている。また二人の日本での展覧会、講演会のコーディネート、メディア対応の窓口も勤めている。 2016年秋、水戸芸術館で開催された「クリストとジャンヌ=クロード アンブレラ 日本=アメリカ合衆国 1984-91」も柳さんがスタッフとして尽力されました。

ときの忘れものは青山を引き払い駒込に移転しました。
詳しくは6月5日及び6月16日のブログをご覧ください。



〒113-0021
東京都文京区本駒込5-4-1 LAS CASAS
TEL: 03-6902-9530、FAX: 03-6902-9531 
営業時間=火曜~土曜の平日11時~19時。
日・月・祝日は休廊。
JR及び地下鉄南北線の駒込駅南口から徒歩約8分、名勝六義園の正門からほど近く、東洋文庫から直ぐの場所です。

●メールを下さる皆様へ
※お問合せには、必ず「件名」「お名前」「連絡先(住所)」を明記してください。

恐縮ですが、「名無し」の方からのお問い合せにはお返事いたしません。




2017年後期企画展・出展フェア紹介

 

営業カレンダー


2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

の日は休廊日です

 


 

更新履歴
2018.06.08

吉田克朗 (新)

2018.06.05

6月のコレクション展

2018.06.01

松本竣介 (新)
松本晃 (新作家)

2018.05.29

瑛九(新)

2018.05.25

作元朋子(新作家)
宮脇愛子(新)

2018.05.22

関根伸夫 (新)

 

ときの忘れものの本

『松本竣介展』図録 『没後70年 松本竣介展』図録
「植田正治写真展―光と陰の世界―Part II」 「植田正治写真展―光と陰の世界―Part I」
『La Rencontre, c´est merveilleuse  宮脇愛子、私が出逢った作家たち』 『宮脇愛子新作展2013』
『瀧口修造展 I』図録 『瀧口修造展 II』図録
『瀧口修造展 III・IV 瀧口修造とマルセル・デュシャン』図録 『殿敷侃遺作展』カタログ
『第23回 瑛九展』図録 『具体 Gコレクションより』展図録
小野隆生
『描かれた影の記憶
小野隆生展
イタリアでの活動30年』図録
『トリシャ・ブラウン
―思考というモーション』
宮脇愛子シルクスクリーン入り小冊子
『Hommage a Man Ray
マン・レイへのオマージュ』
(DVD付)
『石山修武画文集
世田谷村日記
ここになまみの建築家がいます』
版画掌誌
『ときの忘れもの 第2号
磯崎新/山名文夫』
『安藤忠雄 Prints 1998』
『葉栗剛展』図録 『福井の小コレクター運動と
アートフル勝山の歩み
―中上光雄・陽子コレクションによる―』図録
『奈良美智24歳×瑛九24歳 画家の出発』展カタログ 『山口長男とM氏コレクション展』図録