ときの忘れもの ギャラリー 版画
ウェブを検索 サイト内を検索
   

パブロ・ピカソ

Pablo PICASSO

パブロ・ピカソ Pablo PICASSO(1881-1973)
1881年スペインのマラガ生まれ。父ルイスは美術教師であった。1892年から美術学校で絵を学び、1897年サン・フェルナンド王立アカデミーに入学するが中退。バルセロナで制作をしながらパリに出向く。1901年パリで初の個展。この頃の作品が青く暗い色調であったことから1904年頃までを青の時代と呼ぶ。1904年モンマルトルの「洗濯船」に移る。明るい色調に転じたバラ色の時代を経て、アフリカ彫刻の影響などを受け「アビニョンの娘たち」を制作。1909年ころからブラックとともに分析的キュビスムの作品を制作する。その後、コラージュを使った総合的キュビスムから一転して古典的な画風となり大らかで量感のある人物を描いた。

1930年代から精力的に版画作品を作り始める。また、この頃愛人であったマリー・テレーズをモデルにした幸福感溢れる明るい色による作品を制作した。恋人が写真家のドラ・マールに変わると、彼女の激しい気性から「泣く女」が生まれた。年齢を経るにしたがってより奔放な作品を描くようになり、1950年頃からはヴェラスケスなどの過去の名画を解釈した作品を描き始めた。晩年の1968年から347シリーズと呼ばれるエロティックな連作銅版画を制作したあと、続けて156シリーズを発表。1973年に亡くなるまでその旺盛な制作欲は衰えることがなかった。

 

 

 

「156シリーズよりNo.128. 71.5.16」
1971 etching
Image Size 36.5×49.3cm
Frame Size 72.0×81.3cm
Ed.50 スタンプサイン
*レゾネNo.1983(Bloch)
SOLD


見積り請求(在庫確認)フォーム

ご購入希望No.  作家名  題名など

お名前:
郵便番号:
ご住所
E-mail
電話番号
御質問、御興味のある作家、お探しになっている作品等ございましたら御記入下さい


  在庫確認後、お返事させていただきます。




展覧会


<全1ページ> 次のページ 1

ときの忘れもの/(有)ワタヌキ  〒107-0062 東京都港区南青山3-3-3 青山CUBE 1階
Tel 03-3470-2631  Fax 03-3401-1604
E-mail:info@tokinowasuremono.com
http://www.tokinowasuremono.com/

営業時間は、12:00〜19:00、日曜、月曜、祝日は休廊
資料・カタログ・展覧会のお知らせ等、ご希望の方は、e-mail もしくはお気軽にお電話でお問い合わせ下さい。
Copyright(c)2005 TOKI-NO-WASUREMONO/WATANUKI  INC. All rights reserved.