ときの忘れもの ギャラリー 版画
ウェブを検索 サイト内を検索
   

ナダール

NADAR

1820年フランスに生まれる。本名はガスパール=フェリックス・トゥールナション。若い頃、彼は全ての単語の語尾に「ダール」(dar)を付ける遊びをよくしたため、友人たちは「トゥールナダール」というあだ名で呼んだ。これが後に省略され「ナダール」という通り名となる。厳しい生活の中、小説家や戯画家として活動。また1848年初頭に風刺新聞ル・シャリヴァリの風刺画家となる。1851年から始めて1854年に完成した、当時の重要人物300人以上を描いた風刺肖像画シリーズ『パンテオン・ナダール』は彼の名声を高めた。1854年部屋をアトリエにして、新技術である写真による肖像の探求に打ち込み、写真スタジオを開く。1858年彼自身の気球への関心や気球操縦者としての活動が加わり、気球で世界初の空中撮影を行なう。1860年スタジオを移し、フランスの文化人、政治家、軍人などをも撮影し、肖像写真家として活躍。

1874年自分のスタジオをモネ、ドガ、ルノワールら画家たちによる展覧会の会場として貸す(当時嘲笑の的となったこの展覧会が、後に第1回印象派展と呼ばれる展覧会である)。1897年ナダールは写真家として再度挑戦する気になり、南仏のマルセイユに写真館を開く。写真館は成功を収め、1900年パリ万博において、息子ポールの企画した回顧展は大きな反響を呼び、ナダールは受賞をするに至る。1904年パリに戻り、1910年に永逝。
ナダールの肖像写真はわざとらしさが少なく、対象となる者の自然さや精神性を引き出すことに成功している。これには装飾的要素の少なさや、アングルや光の当て方の工夫による、画面内の光が見る者に対して生む心理的効果が貢献している。

 

 


"MISTINGUETT"

ゼラチンシルバープリント
(Reproduction)
22.7×16.8cm


見積り請求(在庫確認)フォーム

ご購入希望No.  作家名  題名など

お名前:
郵便番号:
ご住所
E-mail
電話番号
御質問、御興味のある作家、お探しになっている作品等ございましたら御記入下さい


  在庫確認後、お返事させていただきます。




展覧会
2008年
第169回) 再発見 プリントの美! 2008年12月12日〜12月27日


ときの忘れもの/(有)ワタヌキ  〒107-0062 東京都港区南青山3-3-3 青山CUBE 1階
Tel 03-3470-2631  Fax 03-3401-1604
E-mail:info@tokinowasuremono.com
http://www.tokinowasuremono.com/

営業時間は、12:00〜19:00、日曜、月曜、祝日は休廊
資料・カタログ・展覧会のお知らせ等、ご希望の方は、e-mail もしくはお気軽にお電話でお問い合わせ下さい。
Copyright(c)2005 TOKI-NO-WASUREMONO/WATANUKI  INC. All rights reserved.