ときの忘れもの ギャラリー 版画
ウェブを検索 サイト内を検索
   
カタログ表紙 付録:銀座建築マップ101
 

ときの忘れものが編集した本
『銀座モダンと都市意匠』展カタログ

主催:資生堂
会期:1993年3月16日〜4月3日
発行:資生堂企業文化部
監修:藤森照信/植田実
デザイン:吉川盛一
テキスト 藤森照信
「銀座の都市意匠と建築家たち」
苫名直子
「三岸好太郎のアトリエをめぐって」
山脇道子
「わたくしのものさし バウハウスー茶の湯」
谷川正己
「短命で果てたF.L.ライトの別荘」
藤谷陽悦
「夢と消えた大船田園都市構想」
五十殿利治
「モダニズムの批評家 仲田定之助」
高村美佐
「装飾美術家協会の人びと」
綿貫不二夫
「資生堂ギャラリ−と建築家たち」、他
159ページ
図版:392点
◆ウォートルス、辰野金吾、F.L.ライト、川島理一郎、山田馨、前田健二郎、谷口吉郎、芦原義信、マイケル・グレイブス、谷口吉生、高宮真介、安藤忠雄・・・、この錚々たる建築家たちは(川島理一郎は画家ですが)、すべて資生堂の歴代の建物の設計に携わった人々です。
歴代の経営陣がリッチで豊かな空間を目指していたことが一目瞭然です。
1872年(明治5年)創業の化粧品メーカー資生堂はメセナ活動でも先駆的な実績を残していますが、それが付け焼き刃でなく、筋金入りの美意識に支えられていたことが、このラインナップを見てもおわかりになるでしょう。
展覧会は、資生堂ギャラリーとザ・ギンザアートスペースの二会場を使い、「資生堂ギャラリーとそのアーティスト達」シリーズの第3回展として開催されました。
大正末〜昭和初期にかけての関東大震災後の復興建築の時代に焦点をあてた企画で、建築探偵の藤森照信先生と植田実さんに監修していただきました。メイン論文は藤森先生の「銀座の都市意匠と建築家たち」100枚を超す力作です(単行本未収録)。
バラック装飾や考現学の今和次郎、資生堂の店鋪設計を担当した前田健二郎、バウハウスに学んだ山脇巖・道子、分離派建築会の山口文象など、資生堂及び銀座に関わった建築家たちを紹介しています。資生堂宣伝部による「CGで見る夢ー銀座ウォークスルー」は当時としては画期的な試みでした。
日大の藤谷陽悦先生らによる「銀座建築年表(1869-1991)」や、索引も付いており、資料性の非常に高いカタログです。

付録:[銀座建築マップ101 大正12年〜昭和14年]
初田亨編、協力・三枝進、盛本隆詩
縮尺1:2400
サイズ:75.0×101.5cm
◆銀座建築マップは1993年3月16日〜4月3日に資生堂ギャラリーで開催された「銀座モダンと都市意匠」展のカタログ別丁資料として発行された。

『銀座モダンと
都市意匠』展
カタログ
価格
5,000円
(税別)



カートの中身を見る

ときの忘れものが編集した本のページへ

お気軽にお問い合わせ下さい

ときの忘れもの/(有)ワタヌキ  〒113-0021 東京都文京区本駒込5-4-1 LAS CASAS
Tel 03-6902-9530  Fax 03-6902-9531
E-mail:info@tokinowasuremono.com
http://www.tokinowasuremono.com/

営業時間は、11:00〜18:00、日曜、月曜、祝日は休廊
資料・カタログ・展覧会のお知らせ等、ご希望の方は、e-mail もしくはお気軽にお電話でお問い合わせ下さい。
Copyright(c)2005 TOKI-NO-WASUREMONO/WATANUKI  INC. All rights reserved.