瑛九 Q Ei
PCページはこちらをクリックしてください。
1911年宮崎生まれ。本名・杉田秀夫。15歳で『アトリヱ』『みづゑ』など美術雑誌に評論を執筆。36年フォトデッサン作品集『眠りの理由』を刊行。37年自由美術家協会創立に参加。既成の画壇や公募団体を批判し、51年デモクラート美術家協会を創立。靉嘔、池田満寿夫、磯辺行久、河原温、細江英公ら若い作家たちに大きな影響を与えた。油彩、フォトデッサン、版画などに挑み、独自の世界を生み出す。60年48歳で永逝。

明治以来、多くの画家たちが悪戦苦闘した油彩画ですが、私は瑛九こそがもっとも優れたカラーリスト(色彩画家)であると思います。既に1930年代にフォトグラムを制作した表現の地平は今から思えばマン・レイ等と並ぶ世界的な水準でした。油彩、水彩、フォトデッサン、版画それぞれに独自の表現を求め、決して自分を模倣することはありませんでした。いつもそこには光り(最も美しい色彩)がありました。


《作品》
1936年
フォトデッサンに着彩
25.2×30.5cm

《作品》
1936~39年頃
フォトデッサン
30.3×25.2cm
サインあり

《作品名不詳》
フォトデッサン+吹き付け
23.0×38.3cm
裏に《瑛九作 都》と記載あり

《手》
1957年
板に油彩吹き付け
46.4×38.3cm (F8号)

《風景》
板に油彩
23.7×33.0cm(F4)
サインあり

《人形と瓶》
油彩
38.0×45.0cm(F8)

《作品-B(アート作品・青)》
1935年
油彩(ボード)
29.0×24.0cm(F3号)
※山田光春『私家版・瑛九油絵作品写真集』(1977年刊)No. 19

《逓信博物館 A》
1941年
油彩
46.0×61.1cm

《花々》
1950年
油彩
45.5×38.2cm(F8)

《子供》
フォトデッサン
25.2×18.9cm

《作品》
1954年頃
フォトデッサン
20.1×25.3cm
瑛九夫人のサインあり

《作品》
フォトデッサン
40.8×31.9cm

《作品》
1950年
フォトデッサン
30.0×24.7cm
サイン・年記あり


First Back Next Last




ときの忘れもの (有)ワタヌキ
〒113-0021 東京都文京区本駒込5-4-1 LAS CASAS
Tel +81-3-6902-9530 Fax +81-3-6902-9531
E-mail: info@tokinowasuremono.com
http://www.tokinowasuremono.com
Copyright © 2016. All rights reserved.